ペット保険について

家族と同様のペットがもし万が一怪我や病気になってしまった時に動物病院に行くことになります。しかし人間には健康保険がありますので治療費を全額負担することなく治療を受けることができますが、ペットには健康保険のような制度がありません。つまり、基本的にはペットの治療費は全額自己負担となります。ペットの治療費は高額になることになりますので、全額自己負担となりますと経済的負担が重く圧し掛かってきます。そこで経済的負担を軽減するためにペットの保険があります。このペット保険に加入しておけば、高額の治療費が安くなります。

 

ペット保険

 

それによって大事なペットに充分な治療を受けさせてあげることができます。このペット保険ですが、窓口で精算するタイプのものと領収書を送って後から精算するタイプのものがあります。窓口で精算することができるタイプのものは、ペットが動物病院で診察を受けてお金を支払う時に窓口で負担をしてくれるタイプのものとなります。窓口清算になっているので、手持ちのお金が少ない場合にはとても便利です。ペット保険会社から窓口精算できる保険証が自宅に送られてきますので、その保険証を持参して動物病院で提示します。一方領収書を送って後から清算するタイプのものは、いったん治療費を支払います。その時に貰える領収書を後日加入しているペット保険会社に送って精算をします。どちらのタイプのペット保険にするかは、加入者の価値観によります。

 

どちらにしても高額な治療費を軽減することができます。なおここで一つ注意しておくことがあります。それは一度ペット保険の保険金を請求すると、次回の更新を断られるペット保険会社があります。ですから、加入する前にペット保険の加入条件を必ず確認しておく必要があるわけです。ペットに最適な治療を受けさせてあげるためには、飼い主がしっかりとペット保険に関して調べる必要があります。それを怠ってしまうと後で後悔することになります。